2012年02月26日

フェレットの消化酵素


以前、消化酵素について書こうと思って少し書いてみたのですが、
あまりに飼い主も業者さんも敵にまわすような内容になってしまうので、
よく分からない「つぶやき」を書いてお茶を濁してしまったのですが。。。

最近は色々な方を敵にまわすようなことばかり書いているので、
開き直って書いてしまいます(^^;

ちなみに、先に書いてしまいますが、
私はフェレットに消化酵素は必要だと思っている人です(^^;



120226-1.jpg



犬の手作り食をやっている方とか、
消化酵素あげている方は多いみたいですが、
なんであげてるんでしょうか?


「なんであげてるんだろうね」


市販の消化酵素って、中身はたんぱく質分解酵素のものが多いですけど、
たんぱく質が消化不良だと思ってるんですかね?


「内容まで理解してないんじゃない?」


最近、手作り食の講座とか色々受けているので、
獣医さんや犬の手作り食に詳しい方などに
機会があれば聞いているのですが、
みんな同じような答えでした(^^;


犬を飼っていないので体感的なものは全く分からないのですが、
読んだり聞いたりの範囲では、確かに犬には必要なのかな?と
疑問に思うところはあります。

手作りごはんだから必要、ドライフードだから不要というのも
根拠となる理屈がわからないですし、
思えば昔に実家にいた犬は「リアル猫まんま」で元気に生きてました(^^;

じゃあ、必要ないもの買わされてるのか??

識者の返答を聞くとそんな感じにも聞こえますよね(^^;



120226-2.jpg



消化酵素の商品説明をみると「消化を助ける」と書いてありますが、
これは分かりやすく伝えるために書いてあるのであって、実際には
消化酵素は胃の胃液や十二指腸に送られる膵液の中に既に存在するので、
消化を助けるというより、消化酵素を「足す」という言い方が正しいと思います。

じゃあ、足す必要があるのか?

すなわち、不足しているのか、不足していないのか

そういう話ですよね


その観点で考えると、犬の話を聞く限りでは、
「別に不足してないのでは?」と感じるわけです。

実際、前述の方々に「犬は不足しているんですか?」と聞くと、
「不足していないのでは?」という返答が返ってきます。


でも、なぜ「体感的なものは分からないけど」と言ったかというと、
フェレットも消化酵素の必要性が明らかな公式見解(?)のようなものは
ないけれど、自分の体感的に必要性を感じているからなんです。

恐らく、フェレットに詳しい獣医さんやフードメーカーの方に聞けば、
必要ないって言うんじゃないでしょうか?(^^;


じゃあ、体感的ってなに?って事になりますが、
それは、毎日のウンチだったり、
毛艶や骨格、体つきから感じられる実感だったり、
日々のトライアルアンドエラーの積み重ねで、
「使った方が良い結果になった」という話です(^^;

私も最初は師匠に言われるまま使い始めましたが、
色々な消化酵素を試して、

これは良い結果だった

これはむしろ悪くなった

じゃあ、良い結果と悪い結果は何が違ったんだ?

そういう事を繰り返して、
「消化酵素は必要なんだな」と感じて
使う事が当たり前になっているので、
いわば「状況証拠」にすぎず、
科学的根拠は分かりません(^^;

研究されていないから獣医さんも知らないわけなので、
素人が科学的根拠を述べられるわけもないですよね(笑)

なので、体感的な推論が多くなってしまいますが、
各事象毎に分けて書いてみたいと思います

長くなってしまうので、続きは次回で。。。



posted by marugaonet at 05:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フェレットのサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。