2012年03月03日

フェレットの消化酵素 -つぶつぶうんち編-

120303.jpg


色々な消化酵素を試しているんだけど。。。という話を聞く際に、
なぜか多いのが「つぶつぶウンチが治らない」という話です。

前回の記事で書いたように、つぶつぶウンチは
脂肪がうまく消化できてない場合が多いのですが、
症状が分かりやすいので、気にし易いにしても
なぜ脂肪の消化不良が多いんだろう?と疑問に思います。


消化酵素を使ってもツブツブうんちが治らない理由の一つは、
単純な話で、使っている消化酵素を聞くと、
たいてい脂肪分解酵素が入っていないんですね(^^;

逆に、成分の並び順を見ると、
一番上に食いつきを良くする為のミルクが入っていたりして、
余計につぶつぶウンチの原因が入っていたりする場合もありました(笑)


なんで、脂肪分解酵素が入っていないんだろうと考えてみましたが、
恐らく簡単な話で、脂肪分解酵素は動物由来で
かなり高価だからじゃないでしょうか(^^;

人間用の原材料屋さんに確認してみましたが、
一通り入っている消化酵素はほんとに高いんです(>_<)

質の良いものだと1kgあたり○万〜○○万だったりします(^^;
(こんなこと書いたら怒られそうですが(笑))


ちなみに、ペット用サプリメントは「かさ増し」で
主成分とは関わりないものが大量に入っているケースが多いですが、
消化酵素の場合はパイナップル粉末とか、パパイヤ粉末とか、
主成分にみえるものがかさ増しに使われていて、
意味があるのかないのか分かりにくい事が多いですね(^^;

パパイヤの粉末が大量に入っていて、
脂肪消化酵素は少量の場合もありますので、
どれが良いかは色々と使ってみないと
分からないかもしれません。


ペット用サプリはなぜか、ドカッと降りかけるのが基本なので、
カルシウムなどの安い粉でかさ増ししている商品が多いですが、
ご飯に直接かけるので、食いつきを良くするために
ミルクや糖分など甘いものでかさ増ししている場合もあるので、
インスリノーマの子の場合は量に注意が必要ですね
(舐めてみたら「甘ッ!(>_<)」のカルシウムサプリもありました(^^;)

うちのイタチ様も、シリンジでサプリ上げたりすると、
「ブーブー!!」言ってグルングルンまわったりするので、
舐めても嫌がらない配合というのはとても重要だと思います。

ですので、明らかなカサ増しと、
味の調整を一緒にするのは良くないとは思います。

消化酵素は原料を舐めると「うわッ(>_<)」ってくらい
酸っぱかったり苦かったりなので、
甘いものを入れるのも仕方ないなぁと(^^;


予断ですが、なぜペット用のサプリは大きなスプーンで
ドカッとかけるのが基本なんでしょうね??

人間のサプリで「1カプセルに500mg入っています!」って聞くと
ずいぶん入ってるな!?って思いませんか?

崖に上って「タウリン1000mg配合!!」って
偉そうに言ってますが1gですからね(^^;

500mgは0.5gですから、30日分30カプセル入ってるサプリでも
中身の量は15gの粉なわけで、ペット用の感覚でスプーンでドカッと降りかけたら
5回もたないんじゃないでしょうか(笑)
(もちろん1つの成分100%のサプリなんてほとんどないですが(^^;)

100g単位で入ってるのに成分の内訳が曖昧なものを見ると、
どれだけカサ増ししてんだろって思ってしまいます(^^;
(ちゃんと量が多い順に成分を書いてくれていれば良心的ですけどね)



話がダイナミックに逸れましたが(^^;

脂肪分解酵素が入っていない消化酵素を使っていることに気がつかず、
どうしてもツブツブうんちが治らないという場合には、
確かに脂肪分解酵素が入っているものを買えばいいわけですが、
そもそもなぜ、フェレットはつぶつぶウンチが多いんでしょうか??
(統計を取ったわけではないですが(^^;)

胆汁と膵液が十二指腸で混ざって脂肪の消化がされるわけですが、
肝臓で作られるのが胆汁、膵臓で作られるのが膵液
フェレットのウイークポイントである肝臓と膵臓が関わっているので、
消化不良となにか関係があるのかもしれないですね

フェレットフードは脂質が多目の商品が多いですが、
せっかくの栄養素もちゃんと消化して吸収できていなければ意味がないですからね
ツブツブが気になる時には脂肪分解酵素が必要かもしれません

ちなみに、リパーゼ以外に胆汁エキスが入っている場合があります。
胆汁の胆汁酸は消化酵素ではないですが、
リパーゼはそのままでは脂肪をうまく分解できないので、
胆汁酸が脂肪を乳化してリパーゼと反応しやすくしてくれます。

色々試したところでは、脂肪に関しては特に、
ご飯をあげる直前に混ぜる(ドライフードであれば降りかける)よりも、
サプリを混ぜる前の原料に近い段階で混ぜて
(ドライフードであれば40℃以下のぬるま湯でふやかしご飯にして)
しばらく置いてからあげた方が
消化酵素の効きが良いように感じます。



文章を見返すと、今日は脂肪分解酵素の話とブケイ剤の話が
混ざったブログになってしまったような。。。

ブログ一回分損した(>_<)



posted by marugaonet at 04:52 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | フェレットのサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは。
フェレットを迎えて一ヶ月で、
まだ自分できちんとした手作りご飯を与えられる自信がなく、
市販フードに初乳、消化酵素やサプリをプラスして与えています。

食餌の考えについて、とても勉強になります。
「固形フードはいつも固形栄養機能性食を食べているようなもの(そして開封しても一ヶ月以上持つと言うのは変ではないか?)」
という記事にもハッとしました。
人間でも固形栄養食のみでは体長崩すみたいですし、本当に数値的には栄養バランスが取れているにしても、+αは必要だなと私も思います。

これから少しずつでも生食をあげたいなと思っています。
先人の皆様が沢山の努力をブログ等で残して下さっているのが、
新米にはとても有り難いです。
いつもありがとうございます。
Posted by negi at 2012年04月28日 00:04
negiさん

はじめまして!
コメントいただきましてありがとうございます
最近はたまにツイッターに呟くだけで、
ブログは全然更新していなくてすみません(^^;

僕も手作り食至上主義ではないので、
いつものものに+αしたり、色々なものを与えたり、
生食に限らず偏らない事が一番だと思います。

人間ですから、たまたま抜けてしまったり、
知らなかったりと言う事はありますので、
ずっと同じ手作り食を上げ続ける事が、
かなり危険な場合もあるかもしれないですよね

そろそろブログ再開したいと思っていますので、
一つの例として読んで頂けると嬉しいです


Posted by marugaonet at 2012年04月30日 08:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。